拡がるSDGsの波

こんばんは!齊藤です。

 

正月休みでのらりくらり過ごしていたのも束の間。

1月も後半に入り、ほんと月日が過ぎるのは速いですね(恐ろしい)。

 

「今年はどんな年にしようか」と、毎年新年に1年の目標を何個か立てるのですが、今年は「SDGsを意識して行動する年にしよう」と考えております。

この「SDGs」というワード、最近耳にする方も多いのではないでしょうか。

 

★持続可能な開発目標(SDGs)とは

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された

「2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標」です。

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

 

「プラスチックストローを廃止して紙ストローを導入する」など、飲食店をはじめとする企業レベルの取り組みだけでなく、最近では個人のInstagramなどでもSDGsを意識した投稿を目にする機会が増えてきました。

 

最も衝撃だったのは、

ファッション誌でよくある「カバンの中身」特集で

財布やポーチ、化粧品などに合わせ、マイボトルやマイストローを紹介しているページを見たこと。

「マイボトルはよく見るけどマイストロー!?」と驚きました。

感度の高い人から、着々と自分の生活にSDGsを取り入れはじめています。

 

「まずは自分に出来ることから」ということで、早速新年のセールでマイボトルを購入。

ちなみにこちらのタンブラーは以前から会社で愛用しているもの。

シンプルなデザインが好みで保温性等の機能性も優れているオススメ品です。

83230159_2333984633566897_8080411240012185600_n

また、スーパーに行く際には必ずマイバッグを持参して袋を受け取らない習慣をはじめてみました。

化粧品なども今使っているものが無くなれば、オーガニックコスメへの変更を検討しています。

 

PR業界でも注目されているSDGs。

ネタに困った際にはぜひSDGsな取り組みを検討してみてください。

 

なんだか真面目なブログになっちゃいました!(笑)

本年も何卒よろしくお願いいたします~~~。

 

齊藤

街中でみつけたもの

あけましておめでとうございます。

ラプレの田村です。

本年もよろしくお願いいたします。

難波~梅田エリアを自転車で駆け回っているとおもしろいものを見かけることが多いです。

その中から3点ほど気に入ったものがありましたのでご紹介します。

20191112_143415268

カールのカメラ入り看板

お客さんがカメラに収まった自分を写真で撮ろうと立ち止まっているのをよく見かけます。

でもカメラの横で微笑むカールのおじさんも絶対視界には入っていて、うまいなぁと感心しました。

懐かしの電池販売機

懐かしの電池販売機

昔電池を切らしたとき、よく買ってこいと言われて使いました。今は100均で買えますからね。だいぶ厳しいと思います。

 

出汁の自販機

出汁の自販機

梅田OPAの裏あたりで見ましたが、私はここ以外で知りません。調べると大阪には12カ所あるみたいです。結構ありますね。「近隣の飲食店で出汁を切らした人が緊急で買うため」などと勝手に想像しています。

今年ももっともっと駆け回りますので皆さま、よろしくお願いいたします。

「非常洋食」がロングラン掲載!

こんにちは!岡本です。

今年の「ラプレPR大賞」との呼び声も高い「非常洋食」をご紹介します。

何がスゴイかと言うと、7月9日にリリースを配信し、現在までメディアに掲載され続けている点です!

当初は、9月1日の「防災の日」に向けて企画されました。

防災バッグを点検するときに、賞味期限の迫った非常食を老舗洋食店「土筆苑」に持ち込むと、非常食をおいしい洋食にアレンジして提供してくれ、「ローリングストック」につながるという取り組みです。

オモシロ企画が多い弊社では、珍しく社会派な企画です(笑)

NHK

現在までのメディア掲載数は↓

2019年

7月 5本(テレビ1本・ラジオ1本・WEB3本)

8月 15本(テレビ3本・新聞1本・WEB11本)

9月 1本(ラジオ1本)

10月 3本(テレビ2本・WEB1本)

11月 7本(テレビ1本・新聞1本・WEB5本)

12月 2本(テレビ2本)

2020年

1月 取材依頼あり

累計30本以上に掲載されたのもスゴイですが、半年間以上の期間にわたり取材依頼があるのは珍しい例です。

 

メディアの取り上げ方も、時期によって変化しています。

【7月~9月】「防災の日」に向けて防災への備えの取り組み

【10月~12月】9月・10月に東日本や東北に直撃した台風の被害から、日頃の備えの意識

【1月】1月17日で阪神大震災から25年目の節目を迎えることで、震災への備え

一本のリリースから、色々な「切り口」で取り上げられ、掲載速報をチェックしながら、勉強になる企画でした。

「いつか」起こる災害から、「いつでも」起こりうる災害への備えの必要性を、感じます。

来年は私も、こんな企画を考えることができるように頑張りたいと思います。

 

弊社は、本日で仕事納めです。年始は1月6日13時より業務を開始致します。

みなさま、よい年末年始休暇をお過ごし下さいませ。

今年もイチゴビュッフェの季節が…!

お久しぶりです。和田です。

 

いよいよ今年も残り約10日となりましたね^^

歳を重ねるたびに1年1年があっという間で、本気でびっくりしています。笑

 

さて、この季節になると各ホテルで開催するのが…

そう。“ストロベリービュッフェ”!!!

 

年明けから開催するところが多く、一足お先に弊社スタッフも取材に行ってきました。

一部ご紹介いたしますね!

 

■コンラッド大阪(2019/12/26~)

1575600648_photo

「パリ」をテーマに、オルセー美術館の大時計や

凱旋門をイメージしたスイーツがたくさん登場します。

唇型のシュークリームはなんだかセクシーです(`・ω・´)

エッフェル塔やルーブル美術館のピラミッドなどの装飾もCute!

https://umeda.keizai.biz/headline/3062/

 

■スイスホテル南海大阪(2020/01/04~)

1月のテーマは「スイス チョコホリック」

昨年初開催し、好評を博したことから今年も開催。

4か月間にわたって開催され、月ごとにテーマが変わります!

会場は地上147メートルにある36階のレストランなので、

なんば界隈の景色を眺めながらゆっくりと堪能できますよ。最高~!

https://namba.keizai.biz/headline/4295/

 

■ホテルグランヴィア大阪(2020/01/10~)

DSC_0516

ホテルグランヴィア大阪では、初となるイチゴビュッフェ。

会社帰りの方にも来てもらえるようにと、18時~のディナータイムに実施されます。

夜に開催しているホテルは少ないので、嬉しいですね!

コンテストの優勝作品をアレンジしたスイーツは絶対に食べてもらいたい一皿。

https://umeda.keizai.biz/headline/3069/

 

どのホテルでもストロベリービュッフェはかなりの人気なので、

気になった方、予約はお早めに…!

 

それではまた~!

スケートリンクの内覧会

先日、京都に通年型スケートリンクができたのでその内覧会を手伝ってきました。

 

有名選手がくることもあり、テレビ・新聞含めた20社ほどのメディアが集まりました。

 

リンク内での記者発表ということで、みなさん防寒着を着ながらの取材となりましたが、無事終えることができました。リンク内は2度ということで、ホッカイロが何の役に立たなかったのもいい思い出です。

みな寒さで険しい表情をしています

みな寒さで険しい表情をしています

有名人がくるだけでこれだけメディアを集められるという事実に少し驚きながらも、初めての経験ばかりで大変勉強になった内覧会でした。

 

本日はこれで終わります。

切り口を変える

お久しぶりです、田村です。

 

日経トレンディ 2019年12月号が社内で回ってきたので読んでいたところ、みなさまご存知「ジップロック」が巻頭特集されていました。

20191212_131157567

特集されていたジップロック

 

ジップロックと聞いてどんな使い方を想定しますか?多くの方が食品利用(保存)を想像したのではないでしょうか。

 

ところが今年、ジップロックは日用品を入れるポーチなど「日常使いとしてのジップロック」を押し出した広告、キャンペーンなどを打ち出した結果、ほとんどの月で前年を上回る売り上げを記録したという内容でした。

 

用途を変える提案と言えば、「ワークマン」も記憶に新しいところ。作業員の方が中心だった客層が今や女性も多く訪れるファッションブランドへと変貌しました。

 

食品保存と言えばジップロック、作業着と言えばワークマン、のようにある分野において代名詞なブランドが違った打ち出しをすることがすごく新鮮に映りました(会社に入る前はそもそもそんな視点が身についていないということもありますが)

 

今後自分が携わるPRのヒントになりそうだな、と感動していたところです。

 

寒い日が続きますので、皆様もお体にお気をつけください。

名古屋でメディア内覧会&試泊会

こんばんは!齊藤です。

 

昨日は朝5時起きで名古屋に向かい

メディア様向けに内覧会&試泊会を開催しておりました(・ω・)/

 

最近弊社では名古屋案件がじわじわと増えてきており、昨日は朝早くからテレビさんの取材が!

78533537_2392364884313655_5998553124632002560_n

 

約4時間半に及ぶ長丁場の撮影を経て、早速夕方に放送されました(*^^*)

 

78569874_515186499340181_3440368297013411840_n78704130_2843544539042053_6858571556302356480_n

 

放送終了後には拍手と歓声で会場全体が熱気に包まれ、思わず顔がほころびました(*^^*)

この瞬間は何度経験しても嬉しい瞬間です!

頑張って良かった~!喜んでくれて良かった~!

今日は良い夢が見れそうです(*^^*)(笑)

 

それでは皆様楽しい週末をお過ごしくださいませ。

LINKS UMEDA 内覧会

お久しぶりです。田村です。

 

先日新しくヨドバシ梅田タワー内に「リンクスウメダ」がオープンしました。弊社もオープンに先立ち行われた内覧会でクライアント様(飲食店)を手伝ってきました。

 

ヨドバシ側の基礎工事が終わってないということで、ダクトがつながっておらず、火が使えなかったりと限られた状況ではありましたが、できる限りのことはさせていただきました。

 

空き時間にはタワー内を巡る時間がありましたので画像でご紹介したいと思います。

20191113_122859112

近未来的な内観

20191113_122342424

「ええねん!」の帽子

20191113_133433026

地下1階フードエリアの地図

20191113_123521939

沖縄物産展のPRにきたミス沖縄。現在は大学を休学して全国を回りながら沖縄のPRをしているようです。

 

グランフロントや百貨店など商業施設が隣接する激戦区ですが、既存棟と合わせて「ターゲットはあらゆる層」とのこと。今後どう盛り上げていくのか楽しみです。

近くにお住まいの方はぜひ一度立ち寄ってみてください。

それでは本日はこのへんで失礼します。

マイナビさんの取材

こんにちは。ラプレで新卒採用を担当している後藤です。

ラプレでは、2020年から「マイナビ」を利用した新卒採用をスタートしています。

2020年春新卒の学生の採用活動はもう終了いたしましたが、年明け3月1日からは、2021年春の新卒の学生の採用活動をスタートいたします。同日より「マイナビ2021」がオープンするのですが、その日に掲載を開始する、ラプレの社長インタビュー、PRプランナーインタビュー、および社内の様子の取材が、今週ありました。

IMG-8444

IMG-8460

撮影タイムは大盛り上がり。プロカメラマンの指示に従って、各スタッフはぎこちないながらもポーズを取り、それを見たほかのスタッフが面白がったり。撮影していただいた写真をちらっと見せていただきましたが、なんかそれっぽい!どのような記事になるのかが今から楽しみです。

ラプレでは2025年の大阪万博の時までには、大阪でいちばん大きくて、いちばん元気なPR会社になっているように、その夢に賛同して、一緒に頑張ってくれる若手を募集しています。

読書のおともに洋食

こんにちは、古沢です。

秋もすっかり深まってきました(暦の上ではすでに冬ですが)。

みなさんの中に読書の秋も食欲の秋も両方いっぺんに楽しみたい!
という方はいらっしゃいませんか?

食欲のほうは簡単ですが、読書のほうがなかなか。
気持ちはあっても本を集中して読める場所やきっかけがほしいところです。

そんな方にうってつけのメニューを、西宮の老舗洋食店「土筆苑」がはじめました。

「読書の洋食」と銘打ったこのメニューは見た目が「本」そのまま。
広辞苑くらいの厚みがある古めかしい「本」が平皿に載せられて提供されてきます。

見た目は本そっくり
提供されたその「本」、表紙を開くとそこにはめくるめく洋食の世界…。

このメニューは、外見が完全に本に見える器を使った洋食の詰め合わせ料理で、店のカウンターの一番奥の席、「読書席」でのみ注文可能な特製洋食ボックスになっています。
中身はローストビーフサンド、エビフライ、タンシチュー、ハンバーグ、カニクリーミーコロッケがぎっしり詰まった豪華な本格洋食です。

中には洋食がぎっしり

この読書席には文庫本を2冊まで預けておけるというサービスもあるので、会社行き帰りのカバンが若干軽くなるかも?

最近では文字を追うのもスマホばかり、という方も、ぜひ一度昭和情緒漂う店の一角で紙の活字を眺める静かな時間を過ごされてみてはいかがでしょうか。

image 小