コロナ禍での事例紹介その5

こんばんは、田村です。

コロナ禍で取り組んだ事例をご紹介します。

 

体型が変わるほどトクする「Go To Fit」キャンペーン

リリース詳細:https://www.prdesse.com/posts/view/18621

 

コロナ禍で太った、あるいは痩せた人向けに、スーツ店で企画したサービスです。

持ってきていただいたズボンのサイズと、現在のウエストサイズの差寸を1センチ1,000円で買い取るという内容です。

 

プレスリリースには「コロナ禍で体型維持が難しい」というデータを盛り込みました。プレスリリース作成の際は「データ」を載せるよう意識してください。「すごく売れた!」より「1日1000個売れた」のほうが説得力がありますよね。

 

加えてGo To イートが当時は盛り上がっていましたので、語呂が似ている言葉として「Go To Fit」と名付けました。

スーツ

コロナ禍と絡めることで露出を狙いました。

 

 

弊社にご相談いただければ何かしらのお手伝いはできるかと思いますので、興味のある方はご連絡いただけたらと思います。

http://www.raple.jp/contact/index.html

 

それでは本日はこれで失礼します。

2000人と38万人

こんばんは、岡本です。

タイトルの数は、昨年ある病気で亡くなった方の数です。

何か分かりますか?

実は、2000人が新型コロナ、38万人ががんで亡くなった人の数です。

知り合いの中でがんになった人はいても、コロナにかかった人はほとんどいないのではないでしょうか?

現在、コロナ感染を恐れて医療機関でがん検診を控える傾向にあり、昨年度より2割ほど減っています。

その上、もともと大阪府のがん検診率は全国最低クラスだったのです。

そんな危機感を持った保険会社と大阪府が連携して、25歳の時に乳がんと診断された元SKE矢方美紀さんのオンライン講演会が開催しました。

ラプレはこのイベントのライブ配信とPRを担当し、私は梅田経済新聞の記者として取材してきました。

プレスリリース → https://www.prdesse.com/posts/view/18790

当日は、テレビ1社、新聞4社が出席して下さいました。

矢方さん

オンライン

机に座っている男性二人は、当社の動画配信のスタッフです(笑)

梅田経済新聞 → https://umeda.keizai.biz/headline/3317/

呼びかける

矢方さんのがん治療の体験談を聞いて、早期発見するためにがん検診を受ける大切さを痛感しました。

18日までの限定配信なので、お早めにご覧下さい!

You Tube ライブ → https://www.youtube.com/watch?v=0PiHlQxPZKI&feature=youtu.be

潜在的にがん検診の関心が高かったのか、尿1滴でがん検診ができる施設オープンを紹介した梅田経済新聞の記事は好評でした。

梅田経済新聞 → https://umeda.keizai.biz/headline/3302/

メイン

テレビはいま、コロナ報道一色です。

コロナ報道の裏で、大切な事実が世間に知られないままになっているものも多いはず。

プレスリリースは、メディアを通して隠れた事実を世の中に発信することができます。

その場合、大切なのは「エビデンス」!証拠、根拠などのことです。

メディアが発信する情報は、内容の正確さを求められます。

今回のリリースでは、2000人と38万人という数や大阪の検診率の数値です。

図

記者さんは、すべての分野について専門的な知識があるわけではありません。

リリースでは、数値などのエビデンスを用いて、中学生が読んでも理解できる内容に仕上げるのがいいとされています。

コロナ禍で隠れた問題を解決できる商品やサービスをお持ちの方!

是非、無料カウンセリングにお越しください。

申し込みはコチラ → https://raple.work/prcounseling

プレスリリースの種をまきましょう!

こんばんは、岡本です。

最近、いつ羊羹を食べたか覚えていらっしゃいますか?

いま、羊羹などの「棹物(さおもの)」と呼ばれる和菓子が衰退の危機にさらされています!

今回、PRをお手伝いした老舗和洋菓子店では、10年前に比べ販売数が半減しているそうです。

大福やお団子などの和菓子は食べても、羊羹って「量が多いし」「お年寄りが食べるイメージ」「価格が高い」などの理由で敬遠されている現状です。

そんな状況を打破しようとバレンタイン限定で発売した「匠の小函(こばこ)ショコラ」!

チョコレートを加えた羊羹や浮島

棹物を切った美しい断面=「萌え断」をキーワードにしました。

「萌え断」は数年前からサンドイッチで使われはじめ、最近はフルーツ大福人気で「萌え断」ブームが再浮上しています。

先日、「梅田経済新聞」で取材した記事も多くの方が読んでいただきました。

大阪・南森町にフルーツ大福専門店「まる姫」 旬の果実使い、断面カット薦める

https://umeda.keizai.biz/headline/3298/

メイン

商品

しかし、「萌え断」だけでは弱いので、他の側面を探っていると

・老舗ゆえに、棹物小型化に苦労した経緯→開発経緯にストーリー性を持たせる

昭和30年ごろの店舗写真

・茶道の先生談「自分でカットする必要がなく衛生的でコロナ対策にもなる」→現場の声は大切!「コロナ」につなげるのがメディア掲載の一番の近道。

棹ものを小型化した「匠の小函」

リリースを配信すると、4つのネットニュースに掲載頂きました。ネット記事経由で、夕方の情報番組の取材も決定しました(^o^)丿

プレスリリース→https://www.prdesse.com/posts/view/18765

Lmaga 第1段

老舗和洋菓子店のバレンタイン、ハートが浮かぶチョコ和菓子

https://www.lmaga.jp/news/2021/01/209982/

→「匠の小函ショコラ」単体の紹介

Lmaga 第2段

萌え断やスライスで「和菓子」に再び注目、関西の老舗による戦略

https://www.lmaga.jp/news/2021/01/210414/?cv=y

→「匠の小函ショコラ」を筆頭に、トースト用スライスようかん、餡がカラフルなどら焼きなど、老舗和洋菓子店の新商品特集

時事通信ニュース

https://sp.m.jiji.com/article/show/2505136

→記者さんの親戚が東京の老舗和菓子店を営まれているそうで、「10年で半減」という数字に衝撃を受けられていました

Anna

https://anna-media.jp/archives/388696

→棹物を小型化した経緯や商品もご紹介いただきました。

先方担当者は、リリースって「種をまくイメージですよね」とおっしゃっていただきました。

①種をまく=リリース配信

②芽が出る=取材を受け、放送・掲載される

③花が咲く=認知度が上がる・売り上げが上がる

商品をアピールしたいあまり、ただの広告になっているリリースを見ても、メディアは取材してくれません。商品と世の中の関心ごとを結び付けると、取材の確率は、グンと上がります。

商品やサービス内容を掘り下げ、色んな視点から見ることで、新たな切り口の発見できます。

弊社の無料カウンセリングにお越しいただくと、新たな視点のアドバイスができますので、是非お申し込みください。

コチラから → https://raple.work/prcounseling

プレスリリースのパワーは計り知れない

こんにちは、田村です。

本日はプレスリリースの重要性についてお話します。

空飛ぶドライブスルーでソーシャルディスタンスを確保

大阪・港区の洋食店がテークアウトサービス開始

~カゴとヒモを使って遠隔で提供。3密もすべてクリア~

上記は弊社が作成したプレスリリースのタイトルになります

 

そのお店はキッチンが2階にあったことから、2階からカゴとヒモを使ってテイクアウトのお客様に料理を提供しているというサービスを実施していました。

 

そこで、「空飛ぶドライブスルー」という名前をタイトルに入れ、ソーシャルディスタンスも完璧にクリアというニュアンスも入れ込みました。

プレスリリース:https://www.prdesse.com/posts/view/18239

 

結果、「コロナ禍でユニークな施策をする飲食店」としてウェブや新聞、テレビで紹介されました。
ドライブ

 

「空飛ぶドライブスルー」と近未来感を演出しながら、実際はヒモとカゴを使ったアナログな手段というギャップも良かったのかなと思っています。
ドライブ1

 

配信前から実施していましたが、配信直後からウェブやテレビで取り上げられましたので、プレスリリースは大事だなと痛感したエピソードでした。

 

弊社ではPRプランナーの資格を持ったスタッフが毎日のようにプレスリリースを作成していますので、「どう書けばメディアに刺さるか」を把握しています。

 

サービスの強みは自分たちでは見えにくいものですが、弊社にお任せいただければ第3者の目線でプレスリリースに落とし込めます。

 

企画から携わるPRはもちろん、上記のように「プレスリリースだけ作成・配信してほしい」という方のプランもありますので、気軽にご相談いただけたらと思います。

http://www.raple.jp/contact/index.html

 

それでは本日はこれで失礼します。

韓国の沼は深かった・・・

こんにちは、岡本です。

第4次韓流ブーム真っ只中の日本!

「いつの間に、4次になった?」と思われる方も多いかと思います。

ここで、1次から4次までを簡単に振り返ってみましょう。

【第1次ブーム】2003年~2004年頃

ドラマ「冬のソナタ」人気で、ヨン様が日本人マダムのアイドルに!

【第2次ブーム】2010年~2011年頃

「BIG BANG」「KARA」「少女時代」などK-POPが日本本格進出♪

【第3次ブーム】2016年~2017年

若者発信で韓国カルチャーブーム!

韓国コスメを使った「オルチャン(美少女)メイク」やSNS映えする韓国グルメ(チーズダッカルビ、レインボーケーキなど)。

【第4次ブーム】2020年~現在

コロナ禍で動画配信サービスの韓国ドラマが幅広い世代に人気に!

昨年の「新語・流行語大賞」に選ばれた「愛の不時着」をはじめ、韓国の「半沢直樹」とも言われる「梨泰院クラス」など、十数話を一気見して寝不足になる人が続出。

巷の第4次ブームを受け、大阪に韓国グルメ店が続々とオープンしています。

道頓堀に韓国発のフライドチキン専門店「ネネチキン」(2月5日オープン)

ハーフ&ハーフチキン

プレスリリース → https://www.prdesse.com/posts/view/18779

韓国ドラマあるあるの一つ、フライドチキン店がやたらと登場する。

チキンとメッチュ(ビール)を楽しむことを「チメク」と呼び、韓国では老若男女を問わず人気の組み合わせです。

韓国ドラマの沼にハマった(夢中になった)方は、無性にチメクしたくなるのではないでしょうか?

お初天神の韓国バル「肉ポチャ」(昨年12月10日オープン)

ロゼトッポギ

梅田経済新聞 → https://umeda.keizai.biz/headline/3278/

こちらの看板メニューは「ロゼトッポギ鍋」。

練り物やトッポギが入った辛い鍋の表面を、生クリームで覆ったファンシーな見た目。

食べてみると生クリームで辛さが中和され、想像よりも意外といけちゃいます(笑)

こちらのお店、屋台が並ぶ韓国の街並みを再現しているんです。

街並みを再現した

ハングルの道路標識や看板、韓国の居酒屋(ポチャ)など、細部までこだわっています。

 

私は、第1次ブームの時にドラマも見ていないのに、なぜか大学で韓国語を2年間学び、今でもハングルが読めます(意味は分かりませんが・・・)

2・3次ブームはスキップし、4次ブームで韓国ドラマの沼にどっぷりハマることに。

ドラマを見ていると韓国に行きたい衝動に駆られながらも、耐える日々です(T_T)

気軽に韓国に行けない中、近場で旅行気分を楽しめるのは、うれしいですね。

3月5日からは、大丸梅田店で「愛の不時着」展が開催されます。

たまたま昨日、別件で大丸梅田店に取材に行った際、メディア内覧会があるとの情報をゲット!

取材前に、もう一度見直して復習しようと思います(^o^)丿

では、韓国ドラマ沼にハマり過ぎて、寝不足にならないようお気を付けくださいzzz

元・保育士女性のキッチンカー起業に密着!

こんばんは、岡本です。

クライアントからキッチンカーをFC展開するのでPRしたいとご相談を受けました。

コロナ禍で脚光を浴びたキッチンカー。

キッチンカー

飲食店が店舗の売り上げ減を補うべく、新しい販路としてキッチンカーを始めるのは、メディアで取り扱いやすいネタですが、FC展開をPRするのはハードルが上がります。

なぜなら、テレビの視聴者の立場になって考えると、キッチンカーでごはんを買うことは多くの人がしても、キッチンカーを始めようと思う人はほとんどいないですよね(~_~)

メディアは、視聴者や読者にとって興味のあること、知って役に立つことを取材したいと考えているからです。

クライアントにFC展開の特徴を聞き取っていくと、

  • 飲食店経験が無くてもOK

→仕込みを済ませた食材を提供してもらえる

  • 現在27歳の女性2人が起業準備中

→密着取材可能

2点のキーポイントを押し出し、リリースを配信。

https://www.prdesse.com/posts/view/18694

なんと、関西テレビ「報道ランナー」から起業するまでを密着したいと取材依頼がありました。

納車

FC2人目で、元保育士の女性を追うことに決定しました。

弊社は、取材を誘致するだけではなく、取材を受ける人に対してもサポートします。

密着取材は、記者から質問を多数受けることになり、一般の人がぶっつけ本番ではうまく返答できません。

記者からの質問を想定して、「なぜ起業したいと思ったか」「起業資金はどのくらいか」など、シュミレーションを重ねました。

サプライズ

4日間、合計20時間以上の密着取材を受け、12分間の特集で放送されました。

アップ

 

密着取材を通じて、キッチンカーをFCで起業するサービスを紹介できることができました!

緊急事態宣言前後のオープンだったため、急きょ出店場所がNGになったり、関テレの記者さんが特集を担当するのが初めてで奮闘してくれたりと、放送を見ながら胸がいっぱいになりました。

放送後、キッチンカーを起業した女性のSNSには、かつての教え子の保護者や友達の応援、今後の仕事につながるメッセージが、多数寄せられたそうです。

「うちのサービスや商品も取材されたい」と考えていらっしゃる方!

悩む前に、弊社の無料カウンセリングにお越しください!

お申し込みはコチラ → https://raple.work/prcounseling

コロナ禍での事例紹介その4

こんにちは、田村です。

 

今日は弊社がコロナ禍で取り組んだ事例を紹介したいと思います。

制限時間内に食べきればハンバーグをプレゼントする「Go To Meat」
https://www.prdesse.com/posts/view/18518

 

兵庫県にある洋食店での取り組みです。

 

ECサイトを本格的に展開するにあたって、キャンペーンの一つとして企画しました。

 

ルールは簡単

「料理が提供されてから29分以内に退店したら持ち帰り用冷凍ハンバーグをプレゼントする」というものです。

 

どういう利点があるかと言えば

・提供してから29分以内に退店するので回転率が上がる(お店側の利点)

・時間内に退店すればハンバーグがもらえる(お客さまの利点)

・長居しないので感染リスクを下げられる(世間的にも許される)

 

という「3方良し」の企画としてプレスリリースを書きました。

ミート

ミート1

ミート3

 

地元新聞や在阪メディアに取り上げてもらい、期間中に利用した人は680人、平日は来客数が倍になって大変喜んでいただけました。

 

街中で配るティッシュのように、ただプレゼントするだけではここまで盛り上がることはないです。

 

既存のアイデアに一ひねり加えるだけで化けることがありますので、いま何かやろうと考えている方は「どういう利点があるか」をもう一度振り返ってみるのもいいかもしれません。

 

弊社にご相談いただければ何かしらのお手伝いはできるかと思いますので、興味のある方はご連絡いただけたらと思います。

http://www.raple.jp/contact/index.html

 

それでは本日はこれで失礼します。

受験シーズン到来!コロナ禍の受験生応援企画!

こんばんは、岡本です。

明日16日は、大学入試センター試験ですね。

今年から「思考力・判断力・表現力」を重視する出題傾向、配点構成になり、名称も「大学入学共通テスト」に変わるそうです。

前例のない試験に臨む上に、新型コロナ感染の不安も重なり、本人もご家族も大変だと思います。

そんなコロナ禍の受験生を応援しようと、大阪・西中島のとんかつ店が受験生にとんかつ弁当を無料進呈します!

メイン弁当

「受験に勝つ」と縁起を担ぎ、とんかつ(勝つ)とウインナー(winner)が入ったお弁当です。ごはんには「サクラサク=合格」を願い、さくらでんぶでサクラの模様を飾り付けています。

メインパッケージ

その上、「合格祈願」のマークが入った包み紙や、応援メッセージカードも添えてお渡しします。

メインメッセージカード

コロナ禍に合わせて、テイクアウトのみでご提供です。

1月18日から3月31日まで実施しておりので、お近くにお住まいで受験生がいらっしゃる方は、是非ご利用くださいね!

コロナ関連の暗いニュースの中で、このような心温まる情報を紹介していただけることを願っています(^o^)丿

弊社では過去に、さまざま受験生応援キャンペーンを企画しています。

①受験生を応援!ご来店の受験生に、トンカツ入りのパフェをプレゼント。「パーフェクトカツ(パフェ食うと勝つ)」企画 大阪・兵庫の和食レストラン「ごちそう村」20店舗で2月1日~3月22日に実施。

プレスリリース → https://www.prdesse.com/posts/view/18026

②受かったら払いに来てください 合格保証付き「受験合格カツ」始めます! 創業88年の縁起のいいカツで応援、受験票だけで食べられます

プレスリリース → https://www.prdesse.com/posts/view/16617

受験シーズンは、始まったばかり!

今からでも、間に合いますよ。

「うちのお店でもやりたい!」という方は、是非無料カウンセリングをお申し込みくださいね!

コチラから → https://raple.work/prcounseling

1都3県限定の通販!?

こんばんは、岡本です。

今日は寒いを越して、痛いと感じる寒さですね。

昨日、1都3県に2度目の緊急事態宣言が発令されました。

4月の緊急事態宣言を思い出すと、外出自粛でおうち時間が増え、自宅でたこ焼き、ホットケーキ作りを楽しむ人が増えたため、スーパーから小麦粉が消えるという現象が起こりました。

毎日3食作るのが大変と、手軽に食べられるレトルトカレーやカップ麺を買いだめしたり、全国各地のグルメやスイーツをネットで取り寄せて、旅行気分を味わったりするご家庭も多かったのではないでしょうか?

おうち時間が長くなると「食」への関心が高くなりますよね!

そんな中、本日より、緊急事態宣言が出た1都3県に向け、大阪名物のたこ焼きやお好み焼きが格安で購入できる「くれおーる応援便」の販売を開始しました。

冷凍のお好み焼きと、冷凍のたこ焼きか、自宅でタコパができる材料を選べる、2種類を用意しました。

お家でたこ焼きセット

↑ くれおーる応援便「タコパセット」

プレスリリース → https://www.prdesse.com/posts/view/18740

菅首相が、緊急事態宣言を発令したタイミングで配信。

前回の緊急事態で起こった「タコパ」「ご当地グルメ」「お手軽料理」という3つの現象を兼ね備えた最強セットです(^^)/

それも1都3県を応援したいと3割安く販売!

普段PRをしにくいECサイトを、ニュース性を加えてPRできました。

なんば経済新聞 → https://namba.keizai.biz/headline/4554/

ニュースに絡めたプレスリリースは、スピードとタイミングが大事です。

あれこれ悩んでいると機を逃してしまいます。

弊社の無料カウンセリングにお申し込みいただくと、御社のサービスや製品の特長を伺いながら、このようにPRできないかとアドバイスさせていただきます。

ZOOMでも可能ですので、ステイホーム期間中でも是非!

お申し込みは → https://raple.work/prcounseling

大阪府は、明日にも政府に要請する方針です。

みなさんも、この3連休ステイホームをお楽しみください。

来年のおせちは?

メリークリスマス!岡本です。

も~い~くつ寝るとお正月ですね♪

ということで、本日はおせち料理のお話です。

今年の年末年始は、コロナ第3波の収まりが見えず、Go To トラベルも全国一斉に停止となりました。

帰省や旅行を自粛し、自宅で正月を過ごす「巣ごもり」の傾向が、さらに高まり、おせちの売上が伸びているそうです。

1599104973_b

フランスの高級レストラン「ブノワ」のおせち(7万3,440円)!

今年はコロナ対策として、大きな重箱をみんなでつつくのではなく、一人用のおせちや、アマビエが入ったおせち、旅行に行けない分、豪華なおせちをなどと、世相に合わせた商品が販売されています。

そんな中、大阪人専用のおせちが登場しました!

道頓堀の「くれおーる」が、お重にたこ焼き、串カツ、お好み焼き、焼きそばなど、大阪名物を盛り込んだ「粉もんお節」を発売 (^^)/

たこ焼き

串カツ

お好み焼き&焼きそば

「なんば経済新聞」に記事が掲載されております。

https://namba.keizai.biz/headline/4546/

大阪市内限定で宅配するので、「大阪人限定」というキャッチコピーです。

通常のおせちのように、一つ一つの料理にめでたい意味や願いを込めています。

たこ焼き=ご多幸(タコ)を願って

串カツ=揚げて調理することから、運気が上がりますように

お好み焼き=丸いお好み焼きのように家庭円満を願って

焼きそば=麺のように細く長く幸せに

料理は決して変わったものではないですが、「おせち」の季節性、「粉もんおせち」という意外性、「大阪人限定」という地域性などを組み合わせてPRしています。

そのほか、新規性、優位性、社会性、人間性などなど、さまざま視点から商品やサービスの特徴を見つけ、PRしていくと、取材される確率が高くなります。

3段が重ねなんですが、どの段も、結構茶色いのが残念ポイントです(笑)

おせちに飽きたら、ソースやカレーのような味を欲しちゃいますよね。

大阪市内にお住まいの方は、是非お試し下さい!

自社の商品は、なかなか客観的な目で見るのは難しいですよね!

無料カウンセリングにお申し込みいただくと、弊社のPRプランナーが客観的な視点で商品やサービスのPR方法をアドバイスさせていただきます。

お申し込みはこちら → https://raple.work/prcounseling

zoomでも実施しております!