岡本、食べるものについて考える・・・

こんばんは!最近、時差でコロナ太りを痛感する岡本です。

家にあるデニムがキツくて、入らなくなったものも・・・( ゚Д゚)

そんな私を導いてくれているのか、今週は「健康食」にまつわる取材やリリースを配信しました。

まずは、「ロカボ=低糖質食」!

JR福島駅近くに10月1日にオープンした、低糖質食専門店「WHITE KITCHEN by ローカーボキッチン然」に取材に行ってきました。

メイン

梅田経済新聞 https://umeda.keizai.biz/headline/3236/

美意識の高い女性やトレーニングで体を鍛えている人、病気で糖質を制限しないといけない人が、外食でも糖質を気にせず料理を楽しんでほしいと、1食の糖質量を7グラム以下に抑えた、低糖質食を提供しています。

「低糖質食=味が薄い・質素」というイメージがありますが、メニューをみるとパスタ・リゾット・唐揚げなど、普通のカフェにありそうなメニューが並んでいました。

店長さんは、顔もマッチョな体形も、ミルクボーイの駒場さん似ていて、ご自身も低糖質食を3年前から実践されているそうです。

取材に感化された私は、次の日のランチにサラダ専門店「northshoregreen」に行って「チリコンカンサラダ」を食べました。

IMG-1584

炭水化物を摂らないと、満腹になっても睡魔に襲われず、心なしか体が軽く感じました。

次は、「雑炊・茶碗蒸し専門店」!

10月15日に北新地にオープンする「ぞうすいと茶碗蒸し 太らん」のプレスリリースを本日配信しました。

好みのトッピングをのせた茶碗蒸し

しゃけバターのぞうすい

PRでっせ https://www.prdesse.com/posts/view/18555

出汁LOVERな関西人にとっては、魅力的な専門店ですよね。

店主の方が、医師に糖尿病予備軍と指摘され、これまでの食生活を改善し、毎日の食事の大事さを痛感したことがきっかけで、「ヘルシーな健康食」を提供するお店をオープンすることになったそうです。

オープン記念で、1カ月間、来店の度に茶碗蒸しを2個(1個500円までのメニュー)食べることができるサブスク「茶碗蒸し定期券」を2,000円で販売します!

月に3回以上、来店すれば必ずお得になります!

体は、毎日食べる食事によって作られると、しみじみと感じた一週間でした。

台風情報に気を付けて、良い週末をお過ごしください!

ミナミの老舗手芸店「とらや」が閉店

こんにちは、田村です。

 

老舗手芸店「とらや」が12月に閉店するということで取材に行きました。

メイン

 

昭和27年に創業した手芸店で、主婦から手芸ファンまで多くの方に愛されてきました。

 

店内には布地や服地がいたるところにあります。

生地

 

とらやさんによると、趣味の多様化や顧客の高齢化で手芸人口が減少していて、そこに今年になって新型コロナウイルスの影響でインバウンドが消えたことが追い打ちとなったようです。

2階の様子

 

ミナミではずぼらやに続き、シンボルがまた一つ姿を消すことになりました。

3階

親子2代で通い続けるお客さんは「主人の服も、子どもの服もここの生地で作った」とうれしそうに話していました。目がきらきらと輝き、当時を思い起こしている、そんな風にも見て取れました。

 

12月まであと少しあります、興味あれば立ち寄ってみてください。

コロナ禍の海外渡航ルポ!

こんばんは!岡本です。

私の弟は、液化天然ガスのプラントを建設するエンジニアの仕事をしているのですが、昨日、中国・江蘇省南通市に1年間駐在するために日本を出国しました。

南通

↑赤い〇の部分が南通市です

コロナ禍で、ビジネスでしか出国できませんが、出国の様子をお伝えしようと思います。

まずは、中国大使館にビザの申請。9月の初旬に、必要書類を集めて提出していたそうです。大学の卒業証明書や成績証明書なども必要なので、めんどくさいらしいです。

そして、搭乗72時間以内にPCR検査を受け、コロナの陰性証明書が必要です。

IMG-1566

そして、いよいよ出発!

成田空港から南京空港まで、中国の航空会社「吉祥航空」で2時間半のフライトです。

IMG-1565

社内には、ピッタリした制服を着たCAさんではなく、白い防護服で完全装備のCAさん。

物々しさが半端ないですね。

そして、楽しみの機内食は…

IMG-1574

紙袋に入っているのは、クラッカー、落花生、リンゴジュース!

弟は、「むしろ出さない方がいいんじゃないかのレベル」と申しておりました。

到着後は、2週間過ごす隔離ホテルへ移動。

ホテルの様子

IMG-1573

IMG-1572

一人で過ごすには広く、クオリティも高いと高評価!

IMG-1569 (1)

IMG-1568

水回りも清潔感があってGOOD

IMG-1571 (1)

謎の小上がりもあります

そして心配な食事!

1日目の朝ごはん

IMG-1567

「カロリーを摂るだけで全く美味しくない」

そして、昼ごはん

IMG-1564

「『今ちゃんの実は…』に取り上げてほしい茶色飯」

これが2週間続くと思うと、ゾッとしますね。

弟は、これまでのベトナム・ロシアなど駐在を経験しており、3カ月に1回は休暇で日本に帰国していましたが、今回は2週間ずつの隔離期間が必要なため、1年間ぶっ通しで駐在予定です。

1年後、無事に帰ってきて、土産話を聞くのが楽しみです。

そのころには、コロナのワクチンが完成している世の中になっていることを祈るばかりです。

では、1週間お疲れ様でした。

YATAIフェス2020に行ってきました

こんにちは、田村です。

 

この間の連休に、大阪城で飲食イベント「YATAIフェス」があったので行ってきました。

 

 

ミナミやキタで有名なお店はもちろん、何かの日本一に輝いたお店も出店していました。

IMG_20200919_130304133_HDR

IMG_20200919_124540105_HDR

 

 

屋外のせいかものすごい人が集まっていて、あるお店の主人は「これでコロナが出ず成功すれば、今後イベントがもっとしやすくなるのでは」と期待を寄せていました。

IMG_20200919_124048897

 

しかし、この日一番の主役は食べ物ではなく・・・

IMG_20200919_123726433_HDR

IMG_20200919_123757504_HDR

 

イグアナ!

 

置物を頭に乗せていると思ったらどうやら本物でした。

 

グリーンイグアナといって、最長で約30年も生きるイグアナだそうです。熱帯の生き物だから飼育環境を維持するのが大変なようで、僕には無理だなと思いました。

 

それではこのあたりで失礼します。

神戸・元町おすすめカレーBEST3!

こんばんは!

昨日のランチは白銀亭の「カツカレー」、今日は「ウメダ フードホール」の取材でスパイスカレーと、カレー漬けな日々を過ごす岡本です。

「辛口カレー専門店」と看板を掲げる通り、食べた後は口がHOTに!

白銀停

大阪産なにわポークを使った、流行りのスパイスカレー

DSC_8823

私の地元である神戸・元町は、昔から貿易関係でインドの方が多く住んでおり、やたらとカレー店が多いんです。

その中で、私的おすすめBEST3を発表したいと思います。

3位は、県庁前の「ヒンホイ」!

ヒンホイ

食べログ https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28007215/

独自に配合したスパイスが特徴の自然派インドカレー。

定番のチキンや野菜カレーも美味しいですが、日替わりの変わり種なカレーが楽しみなお店です。

ここの玄米が好きて、いつも+100円で白米から玄米に変更しています。

開店が8時30分で、カレーのモーニングセットもあります。

 

2位は、県庁前の「マルシェ」!

640x640_rect_65655949

食べログ https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28001012/

こちらのカレーは、野菜や果物がたっぷり入って、どろっとした感じのルーです。

野菜や果物のフルーティーさを感じながらも、食べ進めると、額に汗が流れてきます。

洋食屋さんなので、トンカツ、チキンカツ、エビフライ、ミンチカツなどのトッピングも美味しいんです。

冷凍カレーも販売しているので、お家にいてもマルシェのカレーを楽しめます。

 

堂々の1位は、北野の「デリー」!

18386844

食べログ https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28000454/

食べログの点数を見て「あれっ?」と思われたかもしれません。

老夫婦二人で営んでおられ、インドの方から直接、作り方を教わった、本場インドの家庭で食べられる味なんです。

北野はインドの方が多く住まれる地区で、在日インド人から圧倒的な支持を受けているそうです。

実際にカレーを食べていると、これなら毎日食べても飽きない、お袋の味だなと心がほっこりします。

インドの春巻き「サモサ」もオススメです。緑色の謎のソースを付けると、さっぱりしていくらでも食べられそうです。

 

以上、自宅から10分圏内のカレーグルメ情報でした。

大阪のおばちゃんはやはり黙らない

こんにちは、田村です。

 

先日、PRをお手伝いしている洋食店のテレビ取材に立ち合ってきました。

メイン

 

「沈黙のナポリタン」と題して、ロブスターやサザエ、アサリ、シジミなど「食べにくい食材」を盛りつけたナポリタンです。

ナポリタン

 

新しい生活様式の例に「黙って食べる」という項目があったことから企画しました。

 

 

事情を知らない主婦の方にも来店していただき、「本当に黙るのか?」と実験。

 

 

少しは黙っていましたが、食べやすいナポリタンの部分に届くとすぐに話し出していました。

 

 

大阪のおばちゃんを完全に沈黙させるのはやはり難しいようです。

 

 

それではこのあたりで失礼します。

クラムスバナナが大阪駅にやってきた!!

こんばんは!岡本です。

先週の「飲むわらびもち」に続き、梅田の最新ドリンク情報です。

9月7日、JR大阪駅直結「エキマルシェ大阪」にバナナジュース専門店「クラムスバナナ」がオープンしました。

今回、私はオープンのPRをお手伝いさせていただきました。

バナナ_page-0001

↑早速、朝日放送「おはよう朝日です」で紹介いただきました

大阪・高槻発で、「マツコの知らない世界」でも紹介された有名店です。

関西は高槻・茨木・道頓堀・尼崎に店舗があったのですが、JR大阪駅桜橋改札スグの便利な場所にできたので、気軽に立ち寄れます。

IMG-1431

高地栽培のバナナ2本と牛乳、蜂蜜というシンプルな材料で作ったものから、ドラゴンフルーツ、抹茶、きな粉など、20種類をラインナップ!

選ぶのに悩みすぎちゃうこと必須です!

店舗では、運営する「くれおーる」が新ブランドとして立ち上げた「SHITTORI(しっとり)」のサンドイッチも一緒に味わえます。

ボリューム感あるサンドイッチ

 

濃厚なバナナジュースに合うように、究極にしっとり食感の食パンから開発しています。

具材も大分産の高級卵「蘭王」を使った、だし巻きやポテサラ+煮卵を挟んだ食事系のもから、フルーツサンド・アンバターサンドのデザート系まで6種類を用意。

具材をたっぷり挟んであるので、バナナジュースとサンドイッチ1つで、お腹が一杯になるなるボリューム感!

是非、ご賞味くださいませ(^^)/

 

高島屋東別館にある史料館を取材

こんにちは、田村です。

 

先日、高島屋東別館が営業を全面再開したので取材に行きました。

 

新型コロナウイルスの影響で、3月から「高島屋史料館」を、4月から宿泊施設「シタディーンなんば大阪」を休業していた同館。両施設の再開で、7月にオープンした「日本橋フードホール」と合わせて全ての施設が稼働することになりました。

 

フードホール以外の二つを知らなかったのですが、特におもしろかったのが「高島屋史料館」です。

 

1831年に創業したときから今までの歴史がコンパクトにまとまっています。

DSC_1743

当時のチラシなどが保存されていて非常に興味深いです。

DSC_1745

「創業百周年記念大売り出し」や「全店を挙げて空前の大謝恩!!」など煽り文句があって、今の高島屋さんとは雰囲気が違います。

DSC_1746

均一店の走り「10銭ストア」。最盛期は全国に100店舗あったとか。商魂たくましいですね。

 

広報の方が詳しく解説しながら案内してくれたので、非常に為になりました。

 

ちなみにこの東別館、堺筋に面した側は非常にキレイな外観をしていますが、反対側はいびつな形をしています。

DSC_1759

もともと松坂屋が所有していて、増築を考えていたものの、その後撤退。このような形になったようです。現在は文化財に指定されていることもあり、増築できません。

DSC_1761

堺筋側はものすごく整っています。

 

史料館は入場無料なので、涼みがてらに立ち寄ってはいかがでしょうか。それではこのへんで失礼します。

令和でも進化し続ける“わらび餅”

こんばんは、岡本です。

ちびっ子からお年寄りまで、幅広く愛される、夏の定番わらび餅!!

伝統的な和菓子のわらび餅が、令和の現在、「食べる」から「飲む」に進化しています。

先日、中崎町にあるカフェ「天使のわらびもち」のPRをお手伝いさせていただきました。

カフェでは、看板商品でとろとろ食感の「生わらびもち」をドリンクに入れた「飲むわらびもち」を発売しています。

4種

女子高生のアイデアで生まれた“新感覚”ドリンク

ストローで「飲むわらびもち」の秋の新フレーバー「ほうじ茶」

9月3日(木)発売開始、梅田・中崎町「天使のわらびもち」

https://www.prdesse.com/posts/view/18442

早速、ネクストタピオカドリンクとして、毎日放送「ちちんぷいぷい」の生放送で紹介して頂けました。

ぷいぷい_page-0001 (1)

スタジオで、ハイヒールのりんごさん、大宮エリーさん、ナジャ・グランディーバさんら、女子!?メンバーが大絶賛して下さいました!

りんごさん

プレスリリースを作成するにあたり、リサーチしていると、ファミリーマート限定で「わらびもちは飲み物です。」という商品も、数量限定で発売していました。

わらびもちは飲みものです。 |商品情報|ファミリーマート_page-0001

カップの内蓋をはがして、きな粉と黒蜜を入れ、ストローで30回かき回すと、出来上がり!

店頭で品薄になるほど人気だそうです。

女子はみんな大好きスターバックスでも、現在、期間限定で、ドリンクに+100円でわらび餅のカスタマイズができます。

スタバ

↑こちらは、今年のお正月限定商品「あずきなこわらびもち福フラペチーノ」

平成までの長きに渡り「食べる」わらび餅が、令和の時代に入り、突如、「飲む」わらび餅へ進化を遂げました!

当たり前だと思っていたものを、少し変化させると、新鮮な商品に生まれ変わるということを実感しました。

それでは、一週間お疲れ様でした。

 

そうめんを洋食にアレンジする「洋めん」

こんばんは、田村です。

 

先日、取材があったので立ち会ってきました。

 

自宅で余ったそうめんを持ち込むと、シェフが洋食にアレンジしてくれるというもの。

 

983aa33b4a3b14df5aaa2577c74ad87c

ac21e04cfc352d26bd51b6bca06c748d

535aa14122173369777e612f4e82bcb7

 

 

 

そうめんが「ドリア」「冷製パスタ」「ガレット」などに変身するということで、リポーターとして来られたアナウンサーも興味津々。ガレットを召し上がっていただきました。

 

IMG_20200901_161928115

IMG_20200901_151137073

 

放送も無事終わりまして、反響が楽しみです。

 

兵庫県・西宮にある「土筆苑」で実施中ですので興味ある方はどうぞ。

 

それではこのへんで失礼します。